妊娠線は妊娠中から産後のケア次第でしっかり改善できる

初めての妊娠で不安定な妹をサポート

ノコア(NOCOR)できてしまった肉割れ...

初めての妊娠で不安定な妹をサポート : 妊娠初期からお腹周りを重点的に保湿 : 心と肌のケアには身近な人のサポートが重要

急激に太ったりすると脂肪の増加に肌が追い付かず、肉われを起こす事がとても多いです。
私は自分が太った時に肉われが足に出来てしまい、何もケアをしなかったので今でもその肉われは残っています。
私の妹の妊娠が分かった時に、同じように肉われとなる妊娠線をとても気にしていました。
初産ということもあり妊娠が発覚してからとてもナイーブになってしまい、イライラする事が増えていた妹でしたが姉の私にはとても素直でした。
色々話しを聞いていたときに、妊娠への不安と同時に妊娠線などの肉われをとても気にしている事がわかりました。
女性としてやはり自分の肌などが乱れる事が嫌だと感じていたようでしたが、妊娠した事を喜んでいないように思われるのが嫌で旦那さんや母親にも言えずに悩んでいたようです。
私は自分の膝の肉われを見せ、しっかり妊娠中から産後のケアまで行えば妊娠線もケアできる事を教えました。
妊娠線ができる理由として脂肪が増えたり妊娠によりお腹が付き出てくる際に、肌の保湿が少なく伸びに耐えきれずにわれる事は知っていました。
そのためしっかり保湿クリームやオイルを利用して、肌の状態を良好に保っていれば大丈夫という事を妹に伝えた事で妹も納得していました。
それから私は妹へのサポートに徹底し、相談にのるだけでなく買い物へついて言ったりと色々助ける事に集中できました。